弁護士事務所

弁護士に依頼するメリット

残業代請求の相談はこちら

残業代を請求したいとき

時間外労働をした場合には、事業者は労働者に残業代を支払う義務があります。
残業代に関しては労働基準法で支払いの義務が定められています。

万が一、残業代が正当に支払われていない場合には、労働者は事業者に対して残業代請求をする権利があります。残業代請求には2年と言う時効がありますが、2年以内であればすでに会社を退職した場合でも請求が可能です。

しかし、残業代請求は証拠となる資料等を揃えたり手続きが必要になります。

まずは弁護士に相談を

残業代が支払われていなかったり、正当な金額が支払われていない場合など残業代の請求に関しては弁護士に依頼することができます。

依頼すると残業代請求に関する手続きや働いていた企業との交渉などを弁護士が代行してくれます。本人が直接行うよりも専門家が代理で動くことで、交渉や証拠集めなどもスムーズに進む可能性があります。

正当な額の残業代が支払われてるかどうかわからないような場合もまずは相談してみるのが良いでしょう。

弁護士が行う残業代請求の手順

弁護士に依頼して残業代を請求すると、まず未払い期間の残業代の計算をしてくれます。計算が終わった時点でその書類を勤務先に送付して残業代を請求することになります。

書類は確実に勤務先に届いたのを確認するために内容証明郵便で送付します。書類到着後、弁護士が勤務先と交渉をしますが、話し合いで解決しない場合には、裁判を起こして請求することになります。

時効が過ぎると請求することが出来なくなるので、早めに相談すると良いでしょう。